富山県で注文住宅を建てたいとお考えの方必見!評判の高い工務店・ハウスメーカーを徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

二世帯住宅の注文住宅を建てるときのポイント

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/26

富山県は共働きの世帯が多く、子どもを産んでからも働き続ける女性が多くいます。家事や育児と仕事の両立は大変なので、親のサポートを受けることも珍しくありません。そのため富山県では家を建てる際に、二世帯住宅を検討する人も多くいます。富山県で二世帯住宅の注文住宅を建築するには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

ライフスタイルに合ったプランを考える

二世帯住宅の注文住宅を建てて後から失敗だったと思うことには、間取りや配置が挙げられます。親世帯と子世帯で生活のスタイルが異なり、生活音などが気になってしまうということも意外と多いようです。

たとえば玄関を共有にしたら、深夜に帰宅した音が響いて起きてしまうといったことが考えられます。時間帯によっては混雑するので、玄関は2つ設けるべきたったと後悔することもあります。

また、キッチンを共有にしたけれど、誰かと一緒に料理をするのは気を使うので自分だけのキッチンを設ければよかったと感じる人もいるようです。お風呂やキッチンなどの水回りは、誰がメインに使用するのかをよく検討することが大切です。

その他にもリビングを共有にすると、人を招く際などに気を使うといったこともあります。注文住宅を建てる際には、一緒に過ごすことが多いから大丈夫だろうと安易に考えがちですが、意外と些細なことが負担に感じることもあるのです。

二世帯住宅には、完全に分離されているタイプと部分的に共有スペースがあるタイプがあります。完全分離型だとプライバシーを確保しやすいですが、費用は割高になります。

部分的に共有するタイプは、部屋はわかれていても人の気配が感じられるとして子育て世帯などに人気があります。小さいお子さんがいる家庭では、祖父母が子どもを見守りやすいというのがメリットです。ただし、ライフスタイルがかけ離れていると、ストレスを感じてしまうこともありますので注意が必要です。

充分な収納スペースを確保することが重要

二世帯分の荷物となると、想像以上にたくさんあることも少なくありません。収納が足りないと、荷物であふれかえってしまうこともあります。たとえば玄関を共有にしたら、靴の収納が足りないといったことが起こりやすいです。

靴は意外と数が多いので、家族の人数が多くなればかなりの量になってしまいます。フォーマルな場には革靴が必要ですし、カジュアルなスニーカーやサンダルなどもあるでしょう。レインシューズなどもありますし、冬にはブーツを履くこともあります。注文住宅を建てる際には、実際にどのぐらいの荷物があるのか量を把握することが大切です。

収納スペースを設ける際には、使う場所にスペースを設置することも大切になります。大容量の納戸やクローゼットを用意しても、使う場所から離れていると意外と使い勝手が悪いということもあります。また、キッチンもいろいろ荷物が多い場所なので、充分な収納を用意することが求められます。調理器具などもいろいろありますし、食器や食料品のストックもしまっておく必要があります。

冷蔵庫も小さいサイズだと、買ってきた食料をすべてしまえないということもあるので注意が必要です。自分達家族に合った容量の冷蔵庫を置けるスペースが必要になります。食品棚やパントリーなどがあると、食料や日用品などを保管しておきやすいです。家の広さがあまりないという時には、デッドスペースを上手に活用するようにしましょう。

富山県では住みやすい家を設計できる住宅業者が多くあります。住宅への希望だけでなく、家族構成や持ち物の量など、さまざまな点から自分たちに一番合ったプランを提案してくれる業者を選びましょう

変化に柔軟に対応できる間取りが理想

最初はライフスタイルに合った家だったけれど、年数が経過した時には不便に感じるようになっていたということがあります。親に介護が必要になったけれど、バリアフリーになっておらず段差があるので危険だというケースや、親が生活するスペースとトイレが離れているので、トイレに連れていくのが大変になるケースもあります。

また、子どもが大きくなって自分の部屋を欲しがるようになったけど、部屋数が少ないので我慢してもらうしかないといった問題が生じることも少なくありません。家族が増える可能性もあるため、広い部屋を作るのであれば、小さい部屋をいくつか作った方がよかったということもあります。

二世帯住宅の注文住宅を建てる際には、ライフスタイルの変化も見据えてプランを立てることが大事です。あらかじめ親の寝室の近くにトイレを配置しておいたり、広い部屋を後から仕切れるようにしておいたりといった工夫が挙げられます。

なお、部屋に仕切りを設けられるようにしておくには、電気の配線やコンセントなどにも配慮することが必要になります。後からリフォームしようと思っても、配線などをやり直さなければいけなくなると工事の規模が大きくなってしまいます。それにより費用もかさむので、事前に将来を見据えたプランを立てることが大切です。

プラン次第では子どもが小さいうちは足音が響くので子世帯が1階に住み、親世帯に介護が必要になったら出入りしやすい1階に親世帯が住むようにするなど、住む場所を交換するといったこともできます。

 

富山県で二世帯住宅の注文住宅を建てる際には、将来までを見据えたライフプランを立てるようにしましょう。子どもが大きくなったり、親世帯に介護が必要になったりした時などのことも事前に考えておく必要があります。家族の人数分の充分な収納を確保しておくことも重要です。

【富山】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名セキホーム山下ホームオスカーホームタカノ一条ホームタカノホーム
特徴高気密高断熱で快適な住空間を実現体に優しい本物の健康住宅を提供さまざまな暮らしの変化対応する住まいづくりを提案高性能な住宅を納得のいく価格で提供自然素材にこだわり、地域の環境に適した家造りを実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索