富山県で注文住宅を建てたいとお考えの方必見!評判の高い工務店・ハウスメーカーを徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

太陽光発電を組み合わせた注文住宅の特徴とメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/26

富山県は長野県と石川県に隣接しており、現在でも貿易のしやすさからさまざまな企業が支局を立てています。各地の従業員が移り住んでいるため住宅の需要も高くなっています。新しく家を建てるときに人気が上がっているのが、太陽光発電を組み合わせた注文住宅です。太陽光発電の特徴やメリットを知った上で、理想の住まいづくりを目指しましょう。

太陽光発電を活用できる設備を取り付けた住宅

新しく住宅を建てる際に、建設時の計画時に設備導入の需要が増えているのが太陽光発電を組み合わせた注文住宅です。注文住宅というのは不動産屋から土地の所有権を購入した後に、建築企業と話し合いをして自分の希望通りの家を建てることです。すでに建てられている分譲住宅や建売住宅と違い、間取りやデザインまで希望通りの住宅を建築することで、最高に満足のいく家に仕上げられるのが注文住宅のメリットです。

そんな注文住宅を建てる際の希望として増えているのが太陽光発電システムを導入することです。これは、蓄電できるパネルを住宅や車庫の屋根に設置するか、もしくは広さによっては庭の一角に設置することで電力つくり出し、それを使用することで節電につながるという仕組みです。

住宅の一角にパネルと、さらにパネルで作られた電気を蓄積するバッテリーを設置し、配線を家のいたるところに配置します。太陽光を集積しやすい日中の間に蓄電しておいて、最も電気使用量が多い夜中の時間帯で、使用電力を蓄電した太陽光発電に切り替えるのです。

太陽光発電に切り替えると、電力会社から送られてくる電力から日中にためておいた電力が住宅全体に行きわたります。バッテリーから蓄積した電気を使うので、最も消費量の多い夜中の電力消費を賄うことにより光熱費を抑えることができます。光熱費を抑えられるというメリットから、導入が進んでいる太陽光発電を組み合わせた注文住宅ですが、それ以外にもいろいろなメリットがあります。

節電だけでなく売電することもできる

最も消費量の多い夜中の電力消費を賄うことにより、光熱費を抑えることができるのが、太陽光発電の最大の魅力ですが、それ以外にもメリットがあります。その1つが、売電ができる点です。

先に述べた通り、注文住宅というのは設計段階から建設企業と何度も話し合いをして間取りや設備などの内装を、自身の好みに作り上げる住宅になります。設計段階から計画に携わることで満足のいく住宅が作れますが、当然ながら分譲や建売住宅に比べてコストがかかってしまいます。

こだわればこだわるほどに費用がかさむ傾向にある注文住宅においては、少しでもコストを削減したいと思うのは当然です。そんな場合にも、売電によるメリットは大きいでしょう。売電とは新しいエネルギーを考える取り組みとして、一定量の電気を蓄電したら電力会社に申請をすることで、自宅で蓄電した電力を売却できる仕組みのことです。

日照数が多ければ多いほど、売電量が増えることを意味します。富山県の場合は台風が通過しやすく、そして北の冷たい風が入り込む降雪地帯なので、年間の降水量は全国6位の多さになっています。しかし台風や降雪による降水量を差し引けば、実は日照数自体は全国トップクラスの日照日が多い県でもあります。

その日照数が多いことを利用して太陽光発電による売電をすれば、売却した金額が手に入ります。注文住宅であれば、設計段階においてこうした太陽光発電システムを付加できるので、住宅新築を考えている方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。なお、売電や設備に関しては、取扱い企業によって条件等が異なりますので、事前によく確認しておいてください。

災害時に予備電源として活用できる

太陽光発電を活用できる設備を取り付けた住宅を建設するメリットは、災害時に予備電源として活用できる点にもあります。そもそもこのような自然エネルギーの需要が伸びたのは、電力会社から送られてくる電力が使えなくなった時に対処するためです。2011年の大地震の際に電気インフラが大きく破損し、住宅の電気設備がすべて使い物にならなくなりました。そのため、当然ながら電気が復旧するまで電化製品が使えない不便な生活を送る形になったのです。

富山県は台風が通過しやすい場所でもあります。近年の台風は地球温暖化による海水温度の上昇で威力が増加傾向にあり、どんなに丈夫な住宅でも少なからず影響を受ける確率が高くなっています。台風が直撃をすると、断線による火災リスクをなくすため、電力会社が意図的に安全スイッチを押して電気供給を止めることがあります。断線をしていないか確認ができるまでは電気が流れないので、その間は停電状態となり、住宅の電気のすべてが使えなくなるのです。

その時に太陽光発電システムを導入しておけば、予備として貯めておいた電気を使うことができます。これを活用することで、これまで電力が使えなかった環境でも、電力を使用できるので、災害時の生活の負担軽減につながるのです。

さまざまなメリットのある太陽光発電システムですが、設置には費用がかかります。自分の予算の中で設置ができるか、長期的な目で見て、総合的に得になるかどうかをよく考えた上で設置を検討しましょう。また、富山県においても環境性能を取り付けた住宅に補助金を出す仕組みがありますので、あわせて確認しておくとよいでしょう。

 

太陽光発電を活用できる設備を取り付けた住宅にすることで、節電できるだけでなく、売電をすることで家計の助けにもなります。また災害時への予備電源としても役立ちます。設置には費用が必要になりますが、補助金制度の利用や資金計画をしっかり検討した上で導入すれば、多くのメリットがあるでしょう。

【富山】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名セキホーム山下ホームオスカーホームタカノ一条ホームタカノホーム
特徴高気密高断熱で快適な住空間を実現体に優しい本物の健康住宅を提供さまざまな暮らしの変化対応する住まいづくりを提案高性能な住宅を納得のいく価格で提供自然素材にこだわり、地域の環境に適した家造りを実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧