富山県で注文住宅を建てたいとお考えの方必見!評判の高い工務店・ハウスメーカーを徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

よくある失敗は?注文住宅で後悔しやすいポイント

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/26

注文住宅は意外にも建ててから後悔したという意見もあります。ここでは富山県で注文住宅を建てるにあたり、後悔しないための対策について説明しています。予算を決めるうえでの注意点、現実をイメージすることの大切さ、リフォームを考慮した住宅設計などについても知っておきましょう。自分と家族の住みやすさを考え、理想のマイホームづくりを実現させましょう。

後悔しないために一番大切な予算設計

住宅に理想を追求するのであれば、建売住宅より注文住宅の方がより希望に沿った形になります。建売住宅は既で完成した住宅の中から選ぶため、多少に気に入らない部分があったとしても、ある程度の妥協が必要になるのです。富山県で理想の住宅を建てるなら注文住宅がベストですが、失敗しないポイントを押さえておかないと後悔することになりかねません。

注文住宅を建てる際に、まず重視するべき問題は予算であり、予算が明確に決まっていないと住宅設計が思うように進みません。理想の家の形を細かく決めてから予算を詰めていく人もいますが、これだと失敗する確率が高くなります。理想を実現するために無理な資金計画をしてしまい、予算オーバーとなってしまったり、住宅ローンの返済が困難になってしまったりするケースがあるのです。

万が一ローンの返済が滞るようなことになれば、せっかく手に入れた住宅を手放すことにもなりかねません。一般的に注文住宅は建売住宅よりも300~500万円ほど金額が高くなります。お金をかけたい部分、妥協してもよい部分をしっかりと決めなければ、予算オーバーになる可能性があります

予算を決めるときに、少し無理をした金額や、ギリギリ支払いができる金額を設定する人がいますが、後悔しないためには無理をせずに支払いできる予算を決めることが大切です。住宅ローンを利用する場合、35年プランで契約する人も多くいます。長い期間に渡って返済するということを念頭に置いて、自分が確実に払うことができる範囲内で住宅を建てる必要があるのです。だからこそ資金計画や設計を事前にしっかりと行っておくことが重要です。

イメージと現実のギャップに気づくこと

注文住宅を建てるとき、誰しも理想のマイホームを実現したいと考えるでしょう。住宅設計は非常に楽しい作業ですが、イメージと実際の生活にはギャップがあることは忘れないようにしましょう。たとえばインテリアのデザイン性を重視したら、完成後に収納スペースが不足して後悔したという話は少なくありません。

見た目やデザインにこだわるのは大切ですが、実際の生活に支障が出ては困ります。収納スペースに問題があると、非常に不便な思いをするでしょう。部屋のなかが物であふれてしまうと、掃除するときにも大変になります。また通気性も悪くなりますので、湿気がこもってカビが生じるリスクも高くなります。

収納スペースの問題は軽視されがちですが、住んでから気づく大切なポイントです。スペースが不足すれば、部屋を狭くすることにつながります。狭すぎるとストレスを生んでしまう原因にもなるでしょう。

水回りも非常に大切なポイントで、生活の利便性や動線に直結してきます。たとえば水回りが一か所に集まっていれば、家事をするときに便利です。デザイン性を重視して、シンクや洗面台を設置するのもよいですが、家事動線を意識したつくりにしておかないと、せっかくの住宅が暮らしづらくなってしまう可能性もあります。

富山県で注文住宅を建てるときは、実際に住んでいるシーンをなるべく細かくイメージしてみることが大切です。建てたあとに後悔してしまう人は、下準備やシミュレーションが不充分であるケースが目立ちます。富山県にはたくさんの住宅業者がありますので、事前にしっかりと相談するようにしましょう。

定期的にリフォームをすることも考えてみる

住宅は購入すればそれで終わりではなく、定期的にメンテナンスをして状態維持をしていく必要があります。富山県で注文住宅の建設をするときは、今後のリフォームのこともイメージしてみましょう。冬の寒さが厳しく、気候の影響を受けやすい富山県においては、とくに注意しておきたいポイントでもあります。

住宅が故障しなければリフォームは不要だと考えるかもしれませんが、外壁や屋根塗装などのメンテナンスとしてのリフォームも必要です。リフォームの際に、外観が複雑な造りをしていると、塗装に手間がかかってしまうのです。それ以外の修繕に関しても、手間がかかるとその分だけ費用は高額になります。こだわって設計した部分が、逆に費用がかさむ箇所にもなりかねません。

富山県でも、注文住宅を建ててから不便に気づき、リフォームで改善したという人は少なくありません。たとえばエアコンの室外機が目立つ場所に設置されており、気になって場所を変えたという事例があります。こうした問題は建設後でも改善することはできますが、直すのにも費用が発生します。設計段階から設備の位置をよく確認しておけば、こうした後悔は防げることが多いのです。

住んでからも後悔しなかったという意見の人の対策を見てみると、事前に失敗事例を数多くチェックしています。富山県で注文住宅を建てた人たちが、どのような点で後悔しているのか多くの事例を確認しておけば、事前に回避できる問題は少なくありません。注文住宅は家族の人数によっても、快適性や住みやすさは変わってきます。家族全員が平日・休日を過ごしているシーンを細かくイメージして、後悔のない住まいづくりをしてください。

 

資金がなければ富山県で注文住宅を建てる夢は実現できません。まずは無理のない予算を設定しておき、その範囲内でプランニングをする必要があります。実際の生活シーンを連想しながら、理想に近づけていきましょう。住宅の維持費用を抑えるためには、設計段階から今後のリフォームのことも考えておくことが大切です。

【富山】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名セキホーム山下ホームオスカーホームタカノ一条ホームタカノホーム
特徴高気密高断熱で快適な住空間を実現体に優しい本物の健康住宅を提供さまざまな暮らしの変化対応する住まいづくりを提案高性能な住宅を納得のいく価格で提供自然素材にこだわり、地域の環境に適した家造りを実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧