富山県で注文住宅を建てたいとお考えの方必見!評判の高い工務店・ハウスメーカーを徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

ペットと暮らす注文住宅で取り入れたいこと

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/01

ペットを飼っている人にとって、ペットは家族の一員で、ペットも快適に過ごしてほしいと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、ペットと暮らしやすいのはどのような住宅なのかわからない人もいるでしょう。そこで、ペットと暮らすうえで必要な注意点とは何なのかをこの記事で解説します。注文住宅を検討している人は参考にしてください。

犬と暮らしやすい住宅

ペットとして犬を飼っている人は多いかと思いますが、犬にとってはどのような住まいにするとよいのでしょうか。ここでは犬の習性とともにポイントを押さえて紹介しましょう。

犬は散歩・運動、穴掘りが好きで、狭いところにいると安心する習性があります。その一方、暑いのが苦手です。もともと群れで生活していたので孤独になると不安になる習性もあります。室内犬やシニア犬を運動させるには、庭で遊べるドッグランを設ける、家の中でも遊べるような導線を考えましょう。

自宅の屋上をドッグガーデンにすることで、自然を感じながら自由にのびのび過ごせます。その際、ペットが食べてしまうと体調が悪くなるため、ペットが食べられない植物は植えないようにしましょう。散歩や運動の準備、後片付けをスムーズにするために専用の足洗い場やグッズを収納できる玄関の収納場所も確保しておくとよいでしょう。玄関から浴室にすぐに入れる間取りだと、散歩後のお手入れがスムーズにできます。

家族と一緒にいながら、専用スペースを確保できる間取りにすることもポイントです。それには、階段や収納の下のスペースがよいでしょう。また、リビングに専用スペースを確保できれば、家族と適度な距離を取りながらも一緒にいることができます。犬は外を眺めるのが好きなので、犬の目線の高さに見晴らし窓を取りつけるのもよいでしょう。

猫と暮らしやすい住宅

猫は自由に家と外を動き、マイペースなイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、近年では事故や病気を防ぐためにも猫の室内飼いが推奨されています。猫の習性を理解し、猫が暮らしやすい室内環境を整えてあげましょう。

猫は高いところと日向ぼっこが好きで、隠れられる狭い場所でくつろぎます。縄張り意識が高く、キレイ好きでもあるようです。室内でも運動できて、猫の好きな高い場所にも行けるようにするには、キャットウォークやキャットステップを設置しましょう。キャットウォークやキャットステップを設置すると、全身で上下運動ができるとともに、猫の好きな高いところから眺めることもできます。

導線に配慮し、自由自在に移動できるようにしてあげましょう。壁にくぐり戸を付けてあげると、自由に室内を移動でき、冬もドアを開けっぱなしにする必要がなくなります。普段は自由に行き来できるようにしますが、留守番時や来客時は安全のため移動を制限しましょう。ペットドアを設置し、移動を制限するのです。

窓前の台座を広くとると猫が座って日光浴ができ、外を眺めてお昼寝もできます。また、猫は縄張り意識が高いので、窓から外の様子や自分のテリトリーを確認するようです。爪とぎも好きなので、固くて安定感のある爪がとげる柱にしておくとよいでしょう。爪とぎの柱があると、室内のいろいろなところを傷つけずにすみます。

滑りにくい床と換気・消臭も重視しよう

犬猫の習性にあった間取りや設備を理解したところで、他に気を付けておくべきことを押さえておきましょう。犬猫は肉球がデリケートですが、人間のようにスリッパをはくことができません。そして、滑る床は犬猫のみならずペットにとって歩きにくく、怪我の原因にもなります。ペットの安全のため、滑りにくい素材の無垢材を採用するとよいでしょう。無垢材に滑りにくい素材のフロアコーティングをするのもおすすめです。

ペットとの暮らしはどうしても臭いが気になります。臭いの悩みを解決するために、換気システムを導入し、空気の流れを計画的に作りだすことができるのです。2時間程度で家中の空気を新鮮な空気に入れ替えるシステムもあり、臭いの心配が軽減されるでしょう。換気がしっかりされていると、ハウスダストやダニの繁殖を防ぐことにもつながります。また、消臭機能付きの壁紙もあるので、取り入れるとよいでしょう。

近所迷惑を考えると、ペットの鳴き声が気になることもあるかもしれません。また、飼い主は気にならなくても、近所の人で鳴き声に敏感な人がいる可能性もあります。鳴き声対策として、音が漏れにくい樹脂サッシを採用している施工業者もあり、騒音をしっかりシャットアウトしてくれるようです。防音効果とともに断熱効果も見込める素材もあります。

キッチンや水回りなど危険がある場所や突然外へ出てしまうことによる事故を防ぐためにも、ガードはしっかりしておきましょう。浴室も溺死やシャンプーを舐めてしまう可能性があり、扉や浴槽の蓋を閉めることはもちろんですが、シャンプーなどの収納棚を扉付きの高いところに設置するのも事故を防ぐことになります。

 

大切な家族の一員のペットが快適に過ごせるよう、ペットの習性を理解し、間取りなどに反映することが大切です。ペットと住む住宅を得意としている施工業者もあるため、よく相談してみましょう。

【富山】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名セキホーム山下ホームオスカーホームタカノ一条ホームタカノホーム
特徴高気密高断熱で快適な住空間を実現体に優しい本物の健康住宅を提供さまざまな暮らしの変化対応する住まいづくりを提案高性能な住宅を納得のいく価格で提供自然素材にこだわり、地域の環境に適した家造りを実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧