富山県で注文住宅を建てたいとお考えの方必見!評判の高い工務店・ハウスメーカーを徹底比較し、ランキング形式でご紹介しています。

注文住宅を建てるための予算の決め方

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/10/26

住宅取得にかかる予算は、一般的に年収の5~6倍を基準するとよいといわれています。多くの業者がこれを前提として適正なプランを提案してくれますが、ご自身でもまずは住宅取得にかかる資金や基準を理解しておきましょう。富山県で注文住宅の相談をする場合には、予算を考慮した最善のプランを提案してくれる会社を選ぶとよいでしょう。

年収の5~6倍を基準としているか

富山県で注文住宅を建てるのに必要になる金額は、建物だけではなく土地取得代を含めた合計額で考えるのが基本です。一般的に住宅と土地はセットで売買されるため、既に土地を所有している場合を除き、新築住宅を取得するには、住宅建築用の土地を手に入れることが必要になります。

ここで問題になるのが、地価の変動によって相場が大きく変わってしまう傾向があることです。地価の相場は不動産市場の動向とつながっているため、地価が大きく変動すればするほど、そのまま土地や一戸建て住宅の購入にも影響を与えます。とくに、地価が高い傾向である都市部に行くほど、この傾向が強くなるので注意が必要です。

富山県における平均地価は、全国平均に比べて低い傾向にありますが、利便性のよい場所においては上昇傾向にあるようです。土地取得代も考慮すると、注文住宅を建てる場合では年収の5倍から6倍程度の予算が必要になると考えられています。これは、国家機関である国土交通省が行っている住宅市場動向調査というものからも明らかです。

この調査結果には、一戸建て住宅やマンションの購入相場を平均したものが掲載されています。注文住宅の全国的な平均的な購入資金は、土地と建物を含めて4,300万円程度です。そして、全国的な平均年収は600万円から700万円程度であると考えられていることからも、およそ5倍から6倍が目安となることがわかります。

住宅ローンを組む場合においても、この基準は覚えておくとよいでしょう。無理をして高額な住宅を建ててしまうと、後々の返済が苦しくなってしまうこともあります。

費用の内訳を出してくれる信用性のある会社を選ぼう

注文住宅に必要になる費用は土地購入代金とそれにかかる諸経費、そして注文住宅の建築にかかる費用に分けることが可能です。富山県でよい住宅建築業者を探すときに重要になるのが、注文住宅を建設するときに必要になる費用の内訳をきちんと出してくれる会社であるという点です。

ここでポイントになるのが、住宅を建築する際に必要になる素材も建築会社によってまったく違うという点です。注文住宅を請け負っている会社の中には、特定の素材にこだわった建築設計を行っているところが多くあります。

たとえば、耐震性を向上させるために国産の木材を中心に利用しているところもあれば、通気性や快適性を最大限にするために断熱対策に特化した建築を行っている会社などがあります。素材を考慮した建築を行うときには、その素材に合わせて工法そのものが大きく異なるケースも目立ちます。このように、その会社が独自に有している高度なスキルを利用することによって、建築にかかる費用も異なります

また会社側だけでなく、依頼者側からも工法や素材の指定をすることもできます。たとえば耐震工事をしたり、断熱素材を使用したりと、素材や工法にこだわった注文住宅を建設する場合はその分費用もかかります。

住宅の仕様や工事方法が決まったら、どの材質を使ってどんな工事をするのかなど、その内訳も具体的に出してくれる会社を選択することが重要です。よくわからないまま、簡単な見積もりだけで契約をしてしまうと、思わぬ出費となってしまうリスクもありますし、資金計画が立てづらくなってしまいます。

地域に密着した現実的な提案してくれるかを確認しよう

富山県で注文住宅の会社を探すときに注意が必要なのが、富山県の特性をきちんと活かした住宅設計を行ってくれるかどうかという点です。富山県は山岳地帯に囲まれているため、自然豊かな場所です。つまり、その自然に影響を受けやすいため、環境変化に耐えることができるだけの住宅設計が必要になります。

実際に、四季の移り変わりによる気候変化が大きく、住宅が環境の変化に耐えられない設計をしていると、快適な環境で生活をできなくなってしまいます。夏は涼しく冬は暖かいといった、環境変化に効率よく適応した住宅は設計段階から決まってしまいます。空間をどのように扱えば、エアコンなどの空調を効率的に稼働させられるのかも事前に考えなくてはいけないからです。空間や間取りを考慮した設計にした上で最善の工法を選択するので、注文住宅の予算にも直接的につながってきます。

また、富山県は1軒あたりの土地面積が非常に広いという特徴があります。具体的なデータをみても、富山県では1住宅当たりの延べ面積が全国で1位であるため、住宅面積も広く設計できます。住宅設計において、土地の広さを活かした住宅建築の実績やノウハウのある業者に依頼するのがよいでしょう。

優秀な注文住宅の会社では、こういった地域の特性を活かした最高の提案をしてくれます。予算を考慮してくれるのはもちろんですが、周囲の環境に適応した現実的な設計を提案してくれますので、安心して任せられます。

 

注文住宅を建築する際には、土地の取得代金も考慮して資金計画を立てる必要があります。一般的に、住宅取得にかかる金額は年収の5~6倍を目安にするとよいといわれています。また、富山県は自然が多いため気候に影響を受けやすく、1住宅あたりの土地面積が全国1位という特徴があります。こうした地域の特性を把握している業者としっかり相談し、無理のない範囲で住宅建築プランを立てましょう。

【富山】注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名セキホーム山下ホームオスカーホームタカノ一条ホームタカノホーム
特徴高気密高断熱で快適な住空間を実現体に優しい本物の健康住宅を提供さまざまな暮らしの変化対応する住まいづくりを提案高性能な住宅を納得のいく価格で提供自然素材にこだわり、地域の環境に適した家造りを実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索